インフルエンザの診療

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

薬毎年冬になるとインフルエンザに感染する方が急増します。インフルエンザは風邪と似たような症状ですが非常にやっかいで、場合によっては命を落とすこともあるのです。そのため、インフルエンザの初期症状が感じられたら、速やかに内科へ行きましょう。

しかし、インフルエンザに感染しても1日~3日は潜伏期間です。そして、その後に38度以上の高熱、頭痛、関節痛、下痢、嘔吐などの症状が出ます。そのため、冬場に急激な高熱が出たらインフルエンザの可能性があります。

しかし、インフルエンザウイルスも年々変化しており、近年はインフルエンザB型が登場しています。このインフルエンザB型は高熱が出ません。微熱が出る程度なのです。そのため、風邪と勝手に判断して無理をしてしまいますが、その後に酷い症状が出てしまいます。そのため、微熱だけでなく頭痛、関節痛、寒気などを感じたらインフルエンザを疑いましょう。

そして、内科でインフルエンザと診断されたら、抗インフルエンザ薬を処方してもらえます。こういった抗インフルエンザ薬は発症から48時間以内に服用することで効果を発揮するため、インフルエンザの症状を感じたら早めに内科の受診をおすすめします。

内科での風邪の診療

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

問診私たちにとって最も身近な病気といえば風邪でしょう。風邪の症状として鼻水、鼻づまり、くしゃみ、のどの痛みなどがあります。もちろん、軽い症状であれば市販の風邪薬を服用して、十分な睡眠時間を確保することで治すことは可能です。しかし、発熱、頭痛、関節痛などがあると、自力で治すことが難しくなってしまいます。

さらに、子どもや妊婦の場合は軽い風邪だったとしても不安になってしまうもの。そういった場合は内科に行きましょう。内科の診療によって軽い風邪と分かれば、のどの痛み止めなどを処方してもらえるでしょう。

そして、単なる風邪だと思っていても、実は大きな病気のサインだったということもあるのです。40度を超える発熱、37度程度の微熱が2週間以上続く、発熱だけでなく嘔吐や下痢が続く、などの症状が見られた場合、すぐに内科へ行ってください。風邪ではない重い病気の可能性があり、市販の風邪薬だけでは治らないこともあるのです。

また、海外から帰国してから風邪のような症状が出ることも少なくありません。こういった場合、海外で流行している疾患に感染している可能性もあるのです。海外から帰ってきたばかりの方はすぐに内科で診療を受けましょう。最後にインフルエンザの診療について説明します。

内科の診療科目とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

診察私たちは生活する上でいつ病気やケガになるか分かりません。そういった際は病院のお世話になりますが、病院には大きく内科と外科に分けられています。中でも内科とは内蔵に関する病気の診療を行っており、薬物によって治療を行う診療科目です。しかし、内蔵とひと言に言っても診療科目は非常に幅広くなっています。それでは、内科にはどういった診療科目があるのでしょうか。

ひとつは消化器内科です。人間には食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化器がありますが、消化器内科ではこういった消化に関わる臓器の診療を行っています。また、胃と腸に特化した胃腸科、肝臓に特化した肝臓内科などもあり、症状に合わせて選びましょう。そして、血液の循環に関する診療であれば循環器内科です。心筋梗塞、不整脈、高血圧などの診療を行っています。

呼吸器内科では風邪の一種である上気道炎だけでなく、急性気管支炎、肺炎などの呼吸に関する病気の診療を行っています。また、人間の体内には血液が流れていますが、そういった血液の病気を専門的に診療しているのが血液内科です。貧血や白血病などの治療を行います。そして、新生児~中学生くらいの子どもの診療を行っている小児科、総合的な診療を行う総合診療科などもあります。ちなみに、関内にある内科では、西洋医学と東洋医学の統合をし、現代医学に漢方と鍼灸を併用した健康をサポートしています。こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

私たちは誰もが病院のお世話になる可能性がありますが、中でも風邪やインフルエンザになる方は多いことでしょう。そのため、これらの病気の診療について解説をいたします。